ボトックス小顔で叶えるモデルフェイス【顔の印象をシャープに】

  1. ホーム
  2. 施術を受けるタイミング

施術を受けるタイミング

顔を触る人

目安となるタイミングとは

エラ部分にある咬筋という筋肉が発達して顔が大きく見えるという場合には、ボトックス注射で小顔になることが可能です。咬筋部分に筋肉の動きを抑制する特殊な薬剤を注入することで、咬筋自体を小さくするのがボトックス小顔の効果となります。顔にメスを入れることなく顔を小さくすることができるとして、ボトックス小顔治療は人気の高いプチ整形です。始めてボトックス注射を受けるという場合は、どのくらいで効果を実感できるようになるのか、また次の施術を受けるタイミングを確認しておくと良いでしょう。ボトックス注射の場合、タイムラグがあり施術後すぐに顔が小さくなるということはなく、施術後約1ヶ月程度で効果を実感できるようになります。注入した薬剤は半永久的に効果が続くものでもなく、効果が切れてから約1ヶ月もすると徐々に元の大きさへと戻ります。小顔をキープするには元に戻る前に再度注入が必要となり、最低でも3回はボトックス注射を打つことが必要です。再注入を行うタイミングは奥歯を噛みしめたとき、エラ部分咬筋の動きが大きく感じられるようになった場合とされています。ボトックス注射での小顔治療は、顔に傷跡が残るリスクもなく施術後のダウンタイムもほとんど無いことから、気軽に受けられるとして人気です。ただ、プチ整形となるボトックス小顔治療でも、やはり美容整形には変わりはないので、施術を受ける際に気を付けておきたいこともあります。小顔に憧れている人の中には毎日、顔をマッサージするケースも多いようですがボトックス小顔治療の直後に、マッサージを行うのはNGです。マッサージをしてしまうと、せっかく注入した薬剤が周囲に広がってしまい咬筋に作用せず、考えていたような小顔効果を発揮しない恐れがあるためです。拡散してしまった薬剤によって仕上がりにムラが生じる危険性もあるので、施術後にすぐマッサージは行わないようにしましょう。ボトックス注射後、顔のマッサージをしたいという場合は最低でも約1週間程度は、マッサージをしないことをおすすめします。女性の場合、顔のマッサージ以外にクレンジングの時に顔を強く擦ってしまい、マッサージした時と同じように薬剤が幌がる恐れがあります。メイクを落とす時も施術部位に強い力がかからないよう、細心の注意を払ってクレンジングすることを心がけましょう。