ボトックス小顔で叶えるモデルフェイス【顔の印象をシャープに】

  1. ホーム
  2. メリットと治療後のケア

メリットと治療後のケア

医者

手軽に行える治療法

小顔に憧れる女性は多いですが、美容整形を行うクリニックではボトックス注射による小顔治療が行われています。ボトックスとは、筋肉を収縮させる作用のある薬剤のことであり、エラ部分の筋肉を小さくすることで小顔にすることが可能です。ボトックス小顔の治療を行うメリットは、基本的にボトックス注射を打つだけで小顔にできるということです。そのためエラ部分の骨を削るといった大掛かりな手術を行う必要がないため、比較的手軽に行うことができる方法だと言えるでしょう。そして大掛かりな手術の場合は、経過観察のために入院する必要が出てくる場合が多いと言えますが、ボトックス小顔治療の場合は数分の治療時間で済みますし入院の必要もありません。そして半年ごとに注射を行うということを継続することで、半永久的に小顔の状態を維持することが可能です。またボトックスは、小顔の治療以外にも、顔のシワを取る治療にも利用されていますし、さらにワキガや多汗症の治療にも使えるというメリットがあります。ボトックス小顔の治療を行った後のケアなどに関しては、通常は腫れや赤みが出るといったことはほとんどないと言えます。しかし場合によっては、内出血が起こるケースもありますが、1週間〜2週間程度で改善されることが多いと言えるでしょう。そしてボトックス小顔治療の注射を行った後、噛む際にダルさを感じることが一時的に起こるケースもありますが、数日程度が改善されるため心配する必要はありません。尚、ボトックスを注射すると咬筋と呼ばれる筋肉が収縮しますが、咬筋は補助的な筋肉であるため、噛む機能に障害が出ることはないのでその点は安心してよいでしょう。しかし、万が一これらの症状がひどい場合や長引く場合、そして気になる場合は医師へ相談してみるとよいでしょう。次に、日常生活に関することとしては、治療を行った当日から3日間は風呂やサウナに入ることは控える必要があります。ボトックスというのは熱に弱い性質があるため、身体が温まり過ぎるとその効果が低減してしまうことがあるからです。さらに、ボトックスの注射をした後の3ヵ月間は胎児への影響を考慮して妊娠するのを控える必要があります。