ボトックス小顔で叶えるモデルフェイス【顔の印象をシャープに】

  1. ホーム
  2. 手軽に小顔に

手軽に小顔に

女性

その効果と施術内容

小顔であることは、それだけでスタイルがよく見え、誰もが憧れることでしょう。しかし、ストレッチや器具を使って自分でなんとかしようとしています、なかなか効果が出にくいです。そこで効果的なのが、美容外科によるボトックス小顔です。そもそもボトックスといのは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種とされています。その特徴は、一過性の筋肉麻痺を起こさせることにより、筋肉を捕捉する作用がある為、小顔にも効果的とされています。またボトックス小顔は、顔にメスを入れるのではなく、注射をするだけです。傷跡が残ることもありませんし、腫れることもほとんどないので安心です。ごく稀に内出血を起こしてしまうこともあるようですが、1週間ほどあれば、ほとんど消えます。また施術した直後にも、すぐにメイク出来るほどです。更にはボトックスにはアレルギーの心配もありません。エラの張りで顔が大きく見えることがありますが、ボトックスは、そのような人にオススメです。ボトックスを注入することにより、エラの筋肉が痩せて、エラが解消されます。クリニックや形成外科で行うボトックス小顔の治療の簡単な流れですが、はじめに、施術箇所を消毒して行きます。そしてエラの発達した箇所に、ボツリヌストキシンを注入して行きます。この物質を注入することにより、発達した筋肉部分に萎縮を起こさせます。その際に麻酔のクリームを塗ってある為、更には極細の針を使用している為、ほとんど痛みも感じないでしょう。感じたとしてもごくわずかな痛みなので、痛みに弱い人でも大丈夫といえます。エラの形や筋肉の発達具合によっても注射する箇所は異なりますが、一般的には片側につき2から4箇所行うようです。通常でしたら、左右同じ回数注入します。注射自体は、30秒ほどの短時間で終了します。施術時間は10分ほどという短時間で終了します。術後は入院する必要もなく、その日からお風呂に入ることも可能です。1回注射をするだけでも、その効果は半年から1年ほど持続するとされています。定期的にボトックス小顔の施術を受けていけば、半永久的に効果が持続するでしょう。